経営・節税お役立ち情報ブログ

交通費削減ノウハウ

2017.07.27

消費税の増税と円安に伴う値上げが続いているようです。
理由はともかくとして値上げによる売上高増大は嬉しいところなのですが、一方で経費をどうにかして節約したいのが本音です。
今回注目するのは、電車移動による交通費(電車賃)です。
どの事業においても、定期的に掛かる経費。
しかも、なかなか大幅な削減ができない経費のため、小まめな工夫の積み重ねによって削減するしかありません。

⇒続きはこちら

使用していない機械装置や金型等を廃棄すると節税になる?

2017.07.27

私は、ある自動車メーカーの下請の工場を経営しています。
経営はなかなか厳しい状態が続いておりましたが、昨今のアベノミクスの影響もあり、前期、今期と大幅に業績が回復し、多額の利益が出る見込みです。
そこで、節税対策を顧問税理士に相談したところ、節税も兼ねて数年前から使用していない機械装置や金型等を廃棄してはどうかというアドバイスを受けました。

⇒続きはこちら

『時給1,000円』は安い? 高い?

2017.07.26

一部では求人募集を掛けても人が集まらず、首都圏では時給単価が1,000円を超えるのも当たり前になってしまい、収益が悪化している企業も見受けられるようです。
時給1,000円というのは、かなり高額時給の感じもしますし、時給1,200円というと、結構喜んでもらえることも多いです。
ましてや、時給2,000円などというと、高学歴大学生の家庭教師か? と思うほど高額に感じます。
しかし、月給16万円というとどうでしょうか?
初任給としても、低い方の金額ではないでしょうか?

⇒続きはこちら

社員に残業時の食事を支給する際の注意点

2017.07.26

私は、CFO(最高財務責任者)という肩書の仕事をしています。
CFOなんていうと、どこかの大企業のエリートのような響きがありますが、わが社はスタートアップの企業で、まだ設立から3年ほどです。
サービスは完全クラウド型の会計ソフトの開発を行っており、業務はいわゆる経理、財務はもちろん、労務関係まで多岐にわたっています。

⇒続きはこちら

知らないとまずい「給与」と「業務委託」の違い

2017.07.25

昨今は都市部では急激に人材の確保が難しくなっており、アルバイトやパートではなく正社員としての雇用が増えてきたように感じます。
特に大手ではそのような傾向が強いようです。
しかしながら、将来的なことを考えますと、中小企業ではそうやすやすと雇用者の人数を増やすわけにはいきません。

それではと、せめて金銭的な条件を引き上げて人材の確保をしてはということになるのですが、今度はどうしても原資の確保が難しくなります。
そこでご提案したいのが、業務委託として契約することによって、金銭的な条件を大幅に引き上げるという人材確保の手法です。

⇒続きはこちら

決算直前に30万円未満の少額資産を全額償却処理せず資産計上するポイント

2017.07.25

十数年前までは、1台や1セットで50万~60万円もしたパソコンも、近年では十数万円、あるいはエントリーモデルでは、十万円を切るものも少なくありません。
パソコンについては、機能の向上が大変早いため、社内で大幅に買い替えを検討する機会も多いのではないでしょうか?

⇒続きはこちら

固定資産と減価償却は「単価」と「以上」が重要

2017.07.24

事業のために用いられる固定資産は、一般的には時間の経過等によってその価値が減っていきます。
そのため、その資産を取得するために支出した費用は、取得したときに全額を経費とするのではなく、資産ごとに法律で定められた期間にわたって分割して減価償却費として経費化していくこととなります。
今回からこの固定資産と減価償却について、何回かに分けて解説していくことにします。

⇒続きはこちら

「紹介料」等の謝礼を支払う際の税務上の扱いは?

2017.07.21

得意先などの既存のお客様から新たな取引先を紹介いただいた場合に、「紹介料」などの名目で、その仕事や取引を紹介していただいた人や会社に謝礼を支払う場合には、注意が必要です。紹介業を生業としているような取引斡旋(あっせん)業者に支払う場合と取り扱いが異なるためです。

⇒続きはこちら

決算月って何月にするのがベスト?

2017.07.21

法人の決算月は自由に設定することができますが、日本では多くの会社が3月か12月に設定しています。
3月と12月に集中している理由は、2つあります。
・国や地方自治体との取引が多い場合に予算期間(4/1~3/31)に合わせた方が予算を組みやすい。
・上場企業である場合には不特定多数の株主が株主総会に来るため、他の企業と株主総会が重なる。
このようなメリットを勘案して事業年度を設定している会社があります。

⇒続きはこちら

決算間近の節税対策「お金を使う節税」と「お金を使わない節税」

2017.07.20

節税対策と一口に言いますが、大きく分けると2種類あります。「お金を使う節税」と「お金を使わない節税」です。
例えば「お金を使う節税」でかつ決算間近に行うことができる節税として代表的なものが「30万円未満の少額減価償却資産の特例」を利用し、会社のパソコン等の設備を新しくするというもの。この特例は、青色申告事業者である中小企業者が、取得価額30万円未満である減価償却資産を取得した場合で、その事業の用に供した年度の合計額300万円まで損金とすることができる制度です。

⇒続きはこちら

「売上の計上基準」を見直すと節税できる!?

2017.07.20

税法上、売上の計上時期は、原則「収益が実現したとき」となっています。これは、現金の入金などがなくても「収益の実現」がいつなのかで、判断されるものですが、商取引や業種によってさまざまです。
例えば、商品等の販売など物の引き渡しを行う業種であれば、商品の引き渡しをもって「収益の実現」ととらえますが、どのような事象をもって「商品の引き渡しが完了したか」についても複数の考え方が存在します。

⇒続きはこちら

社長の賃貸住宅の家賃を会社の経費にできる?

2017.07.19

社長の賃貸住宅の契約を変更することで月々支払う家賃を会社の経費にすることができます。
賃貸住宅の契約を「社長と大家」から「会社と大家」に契約を変更し、「会社の社宅にする」という方法を使えば、会社が大家に支払う家賃と、会社が社長から徴収する社宅使用料を差し引いた額が、実質的に経費に計上できる額となるのです。

⇒続きはこちら

社長夫人に給料を払う際の注意点

2017.07.19

中小企業の場合には、会社と社長の財布が実質的に同一というケースは珍しくありません。そのため、会社と社長を含めた全体での節税を考えた場合に、社長夫人に給料を支払うと節税になる場合があります。

⇒続きはこちら

従業員等にマイナンバーの情報提供を拒否されたら税務上の問題はある?

2017.07.18

メディアや説明会、セミナーでは、マイナンバーに関するさまざまな情報が取り上げられていますが、同時にさまざまな質問や疑問が挙がってきています。
その中で一番多い質問が、「マイナンバーを勤務先に教えると、アルバイトなどの副業をしていることがバレるのではないか?」というものです。

⇒続きはこちら

最低これだけはチェック! マイナンバー制度の税務業務に関する3つの留意点

2017.07.18

住民票を有するすべての方に通知カードが送付され、2016年1月から本格的にマイナンバーの使用が開始されました。
マイナンバー制度はまずは社会保障・税・災害対策の分野に限定して使用されます。そして、マイナンバーの取り扱いについては、取得の方法や管理を誤ると非常に厳しい罰則も規定されています。そのため、これからしっかりとマイナンバー制度について理解する必要があります。

⇒続きはこちら

専門業者に払うホームページ作成費用の取り扱いは更新頻度によって変わる?

2017.07.14

どのような業界でも、自社のホームページ(以下HP)を持つことが一般的になってきています。HPを作成するのは専門的な知識が必要な場合が多く、専門業者に依頼することが多いはずです。
今回は、HP専門業者に依頼して作成してもらう場合の、作成費用の取り扱いについて解説します。

⇒続きはこちら

海外からの電気通信役務の提供に対する消費税はどうなる?

2017.07.14

アマゾン等対策税制とも言える「電気通信役務の提供」に係る内外判定基準の見直しが行われ、「リバースチャージ方式」と言われる課税方式が導入されました。
要は、国内で提供されるデジタルコンテンツには消費税が掛かるが、海外から提供される場合は消費税が掛からず不公平のため、その取引について法の網の目を被せようというものです。
国税庁からも説明のためのリーフレットが配布されていますが、どうもわかりにくいので、流通業者も含めて簡単に説明したいと思います。

⇒続きはこちら

適格請求書保存方式への変更がもたらす2つの問題

2017.07.12

平成28年度税制改正大綱が公表され、その中で注目される改正は、実際の導入が平成33年4月になる、適格請求書保存方式(インボイス方式)への変更です。
月5万円から10万円に引き上げられた、1998年以来の改正となりました。

⇒続きはこちら

「通勤交通費の非課税限度額拡大」で企業が考えなければいけないことは?

2017.07.11

2016年1月分の通勤手当支給分から、非課税限度額が月額10万円から15万円に引き上げられました。この改正の背景は、新幹線などの交通網の発達で、比較的遠距離から都心部への通勤者が増えていることなどに対応する狙いがあります。

月5万円から10万円に引き上げられた、1998年以来の改正となりました。

⇒続きはこちら

軽減税率導入で想定されるコスト

2017.07.11

平成28年度の税制改正において、消費税の軽減税率の対象品目として、「酒類」と「外食」を除いた食料品と、週2回以上発行される新聞の定期購読料が挙げられています。
この「外食」の定義については、いまだ分かりづらいことと、まだ課題が残るため、これから1年掛けて検討が続くようです。

⇒続きはこちら

御社の事業内容と決算月に「ズレ」はありませんか?

2017.07.10

国内の法人の場合、約2割が「決算月=3月」と定めています(出所:国税庁活動報告)。

この理由としては、「年度という概念によるもの」あるいは「国や地方自治体との取引が多い場合に予算期間(4月1日~3月31日)に合わせていること」「上場企業において株主総会の時期を集中させた」ということなどが挙げられます。

しかしながら、「3月決算」が事業にメリットを及ぼすかというと、一概にそうとは言えません。

⇒続きはこちら

「三世代同居」の家庭はリフォームを検討しよう!

2017.07.10

今年の税制改正の目玉のひとつに「三世代同居リフォーム控除」というものがあります。

昨今の保育園問題にも関係あるのですが、世代間の助け合いによる子育てを支援する観点から、三世代同居に対応した住宅リフォーム、要は二世帯住宅のリフォーム、もっと平たくいうと、三世代が同居している家のリフォームに対して、税額控除が受けられるという制度です。

⇒続きはこちら

「渡切交際費」とはどのようなものか?

2017.07.07

「渡切交際費」とは、法人の業務のために役員や社員に対して、交際費等を目的として金銭を支出したにもかかわらず、その使途や金額について精算されないものを指します。
たとえば、接待が終わって顧客にタクシー代を渡す際、その領収書を回収しないことなどがあります。
こうした場合に備えて、あらかじめ社員らに渡す金銭になり、つど精算しなくてよいという点などがメリットとして考えられてきました。

⇒続きはこちら

個人で政治献金(寄附)を行うと、税務上の優遇!?

2017.07.07

参院選が間近な折り、応援したいと思う候補者や政党があった場合に、その気持ちを示すという意味で、金額の多寡に関わらず寄附したいという経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そうしたときに覚えておいていただきたいのが寄附金控除です。
皆さんは、個人で政治献金(寄附)を行うと、税務上の優遇が受けられることをご存知でしたか?

⇒続きはこちら

採用関連費用の勘定科目は?

2017.07.06

リーマンショック以降落ち込んだ新卒採用も、ここ2、3年で積極採用に転じ、2016年は「売り手市場の年」とも言われています。
そうした中、企業は、採用サイトなどの求人広告の類に頼るだけでなく、社員に特命を与えて縁故採用を積極的に行うなど「リクルーター制度」が復活してきていると言われています。
そうしたリクルーター制度の場合、社員の活動費としてどういったものがあり、採用に関する費用はどんな勘定科目に振り分けるべきでしょうか?
一般的に考えられる活動費について見ていきましょう。

⇒続きはこちら

経費に対するブレない考え方

2017.07.06

リーマンショック以降落ち込んだ新卒採用も、ここ2、3年で積極採用に転じ、2016年は「売り手市場の年」とも言われています。
そうした中、企業は、採用サイトなどの求人広告の類に頼るだけでなく、社員に特命を与えて縁故採用を積極的に行うなど「リクルーター制度」が復活してきていると言われています。
そうしたリクルーター制度の場合、社員の活動費としてどういったものがあり、採用に関する費用はどんな勘定科目に振り分けるべきでしょうか?
一般的に考えられる活動費について見ていきましょう。

⇒続きはこちら

自宅の買い替えや譲渡で損失が出た場合の特例

2017.07.05

損失額は3年間にわたり繰り越せる!?
特例を受けるためには、必ず確定申告が必要になります。
要件には詳細な規定がありますが、事案によっては複数の特例要件に該当する場合があります。
どの特例を受ければもっともメリットがあるのかは、慎重に検討する必要があるでしょう。

⇒続きはこちら

120年ぶりに民法債権法が大改正!

2017.07.05

2017年5月26日の参議院本会議で、企業や消費者の契約ルールを定める債権関係規定(債権法)に関する改正民法が賛成多数により可決・成立しました。
改正項目は約200項目に上り、約120年ぶりの抜本改正となります。

では、本改正の主な内容を見ていきましょう。

⇒続きはこちら

事業の実情に合った勘定科目を設定しよう

2017.07.04

事業を続けていると、毎日のように発生するのが経費です。
今回は、なかなか人には聞けない「経費をどの勘定科目に当てはめればいいか」について解説いたします。

⇒続きはこちら

適正な経費の割合はどれくらい?

2017.07.03

起業をしたり、フリーランスで仕事を始めたりするときに、まず考えることといえば、やはり「売上」でしょう。
「売上さえ立てば、あとは安心」。そう考えて最初の1、2年は経費を多く使ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
あるいは、本来かけるべき人件費や広告費などを極力削って、ミニマムの経費で始めたり、経費を「何に」「どれくらい」使えば適正なのかがわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。
経費をどう見るか、収益構造をどう組み立てるかは、経営の根幹部分です。
今回は、「適正な経費の割合はどれくらいか」について税務の観点から見てみましょう。

⇒続きはこちら

消費税のかかる取引、かからない取引

2017.07.03

法人や個人事業主が納付する消費税の基本的な計算は、「売上に対して受け取った消費税-仕入れの際に支払った消費税」となります。
しかし、すべての取引に消費税がかかるわけではありません。
消費税がかかる取引とかからない取引があることから、消費税はわかりづらい税目とも言われています。
今回は、消費税の課税対象となる取引について見ていきましょう。

⇒続きはこちら

知っておきたい源泉所得税の基本

2017.06.30

日本にはさまざまな税金があります。
なかでも、お給料をもらえるような立場になったとき、まず身近に実感するのは、源泉所得税ではないでしょうか。
源泉所得税は、個人に代わって会社が、対象となる所得税及び復興特別所得税を給与から差し引いて税務署に納めるものです。
個人の所得税とは違い、会社側が外注の個人事業主も含めて従業員全員分の源泉徴収をして集めたすべての税金になります。

⇒続きはこちら

税務調査が来ても困らない人件費の扱いとは?

2017.06.30

最近は、何かと政務費の問題で政治家の経費、お金の使い方が問題視されています。
以前から名目上秘書と称して身内を雇っているものの勤務の実態がない場合など、「人件費」を問題視されることが多かったです。
今回はこの「人件費」に焦点を当て、脱税の疑惑を招かないよう、気をつけておきたいポイントと対策をご紹介します。

⇒続きはこちら

「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」の2つの留意点

2017.06.29

平成28年度税制改正で「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が創設されて話題となりました。
この税制を利用してさまざまな節税対策が考えられているようですが、今回は2つの留意点をご紹介します。

⇒続きはこちら

退職していなくても退職金が認められる!?

2017.06.29

退職金は通常、退職した従業員や役員に対して支払われます。しかし、「役員が分掌変更した場合の退職金」として、退職していないのに退職金が税務上認められるケースがあります。
節税効果が期待できる一方で、いくつかの注意点がありますので、解説いたします。

⇒続きはこちら

決算直前でもできる節税対策!:予想以上の収益があったときには社員に還元しよう

2017.06.28

決算期が近づき、予想以上に利益が出ていたらどうしますか。
「節税したい」という社長さんもいれば、「頑張ってくれた社員に還元したい」という社長さんもいらっしゃることでしょう。実は、社員に還元して節税する方法があるのです。代表的な例が「利益賞与」と「社員旅行」です。

⇒続きはこちら

同じ契約でも印紙税額が5分の1になる!
 

2017.06.28

契約書を交わすたびに必要になってくる「印紙税」。
誰だって節約できるなら節約したいものです。

同一の取引における契約でも、やり方次第で5倍の印紙税額が必要になってきます。
そうならないためには、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?

⇒続きはこちら

土地を売却したときの売却収益はいつ計上する?

2017.06.27

法人が所有している土地を売却した場合、その売却収益は基本的にその売却した事業年度において計上します。
では、売却契約日が期末で、引渡日が期をまたいでからの場合、その収益はどちらの事業年度で計上すればよいのでしょうか?

⇒続きはこちら

「税抜経理」で節税!

2017.06.27

経理で気を付けなければならないのは、消費税の扱いです。
消費税の課税事業者となった場合、預かった消費税と支払った消費税を記帳する必要があります。
この記帳の方法には、「税抜経理」と「税込経理」の2通りあります。どちらが得なのでしょう?

⇒続きはこちら

その契約書、大丈夫?

2017.06.26

契約には契約書がつきものです。原則として、課税文書に該当する契約書には、一定の金額の収入印紙を貼る必要があります。
ここで、金額の判断に迷いやすいのが「業務委託契約書」でしょう。
理由は、契約書の記載内容によって印紙税額が異なるからです。場合によっては、何十倍もの差が開くこともあります。

⇒続きはこちら

非常食や防災用品の購入費用は?

2017.06.26

地震や台風、集中豪雨、噴火といった大規模災害への対策について、多くの会社が全社的に取り組んでいます。緊急時や帰宅困難時に備えて、従業員のために一定期間分の非常食や飲料水を備蓄する会社も珍しくありません。

ところで、このような非常食や、ヘルメットや毛布といった防災用備品を購入した際の費用は、税務上どのように処理すればいのでしょうか?

⇒続きはこちら

決算対策!?「短期前払費用」のポイント

2017.06.23

「前払費用」とは、法人が一定の契約により継続的に役務(サービス)の提供を受けるために支出した費用のうち、その事業年度終了の日においてまだ提供を受けていない役務(サービス)に対応するものをいいます。原則としてその事業年度の損金にはなりません。

ただし、地代、家賃、賃借料、リース料、保険料などといった前払費用のうち、その支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものは「短期前払費用」として、その支払時点で全額を損金に算入することが認められます。

短期前払費用は一定の節税対策としても有効ですが、適用条件を満たさないと認められませんのでご注意ください。

⇒続きはこちら

「タワマン節税」見直しへ

2017.06.23

平成29年度税制改正の固定資産税・不動産取得税の改正点として「居住用超高層建築物(タワーマンション)に係る課税の見直し」があります。
つまり、タワーマンションに係る固定資産税等が見直されることになりました。
「いつかはタワーマンションを」と考えている社長さんは知っておいたほうがいいでしょう。

⇒続きはこちら

3,000万円までは控除! マイホームを売ったときの特例

2017.06.22

マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例(居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例)があります。譲渡益が3,000万までは、税金がかからないという訳です。

⇒続きはこちら

「白紙の領収書」で法的トラブルに巻き込まれないためには?

2017.06.22

昨年は、ある国会議員の政治資金パーティーで、主催者側が白紙の領収書を発行し、参加議員側で日付や宛名、金額などを自由に記入していたことがあり、話題になりました。これに対しては、所管の総務相が「領収書の作成方法は規定されておらず、政治資金規制法上問題ない」として、それ以上は問題化せず幕引きとなりました。

しかし、白紙の領収書は、受け取った側が自由に記入でき、経費の改ざんが容易にできると思われることから、常識的に考えて、違和感を抱いた方も多いはずです。実際に企業や事業主が同じことをした場合は、違法行為に該当するケースもあります。

今回は、「白紙の領収書」は法的にどんな問題があるのかということと、万一、受領した場合はどう対処したらいいのかについて解説します。

⇒続きはこちら

減価償却資産を経費化する際に気をつけるべきこととは

2017.06.21

法定耐用年数が経過するまでの期間を通して購入した資産は全額経費算入できます。

⇒続きはこちら

決算は必ず黒字にしましょう

2017.06.21

みなさん方の学生時代の成績はどうだったでしょうか。
成績のいい人は、堂々と自分の通知簿を人に見せたりできました。
でも、この通知簿、就職のときまでは役に立つものの、社会人になってからは、なんの通行手形にもなりません。
銀行に行って融資を受けるとき、銀行の担当者は「社長、学生時代の通知簿を見せてください」とは言いません。
では、この場合、社長は何を銀行に見せればよいのでしょうか。

⇒続きはこちら

三種の経費と計上できる経理基準

2017.06.20

皆さんは普段から様々な経費を計上していることと思いますが、その経費を3種類に分類することができます。
色に例えて、シロ、クロ、グレーと分かれます。
この分類はどういう分け方なのか、それぞれどういう意味なのか。
今回はこの経費の3種類についてご紹介いたします。

⇒続きはこちら

損益計算書や貸借対照表でよく使う経費を把握しておこう

2017.06.20

会社にとって売上は大切ですが、経費管理は、売上管理同様に大切なものです。
経費がしっかりと管理できなければ、いくら売上をアップさせても利益がでにくくなってしまうからです。
また、経費の管理は、売上のアップに比べて、どちらかといえば地味で手間がかかる作業です。
これについて、シンプルに簡略化しておく方法を学んでおいて損はありません。

⇒続きはこちら

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!

2017.06.19

宅配便代や郵便代、ちょっとした消耗品代、お客さん用の新聞や雑誌代など、会社のなかの細々としたお金。 こうしたお金は小口現金で処理するのが一般的です。
しかしながら、小口現金の管理は意外と面倒だと思っている社長も多いのではないのでしょうか?
小額といっても盗難の恐れもありますし、経理担当者がいない小さな会社では、現金の出し入れをひとつずつ現金出納帳に記帳するのも面倒です。
今回は、そんな小口現金を簡単に管理する方法をご紹介します。

⇒続きはこちら

ネットバンキングのメリット・デメリットを理解して有効活用しよう

2017.06.19

銀行やATMに行かずとも自社内のパソコンで振込作業を完了してしまう簡便さ、その支払明細が一覧で見られプリントアウトできることなど、インターネットバンキングには、かなり大きなメリットがあります。

それは、いったん使い出すと、元の「ATM生活」に戻ることはできなくなるほど便利なものです。

ただ、金融機関別に、多少の差異がありますので、念のためご紹介しておきたいと思います。

⇒続きはこちら

ホームページ作成費用は更新頻度によって変わる?

2017.06.16

どのような業界でも、自社のホームページ(以下HP)を持つことが一般的になってきています。
HPを作成するのは専門的な知識が必要な場合が多く、専門業者に依頼することが多いはずです。

今回は、HP専門業者に依頼して作成してもらう場合の、作成費用の取り扱いについて解説します。

⇒続きはこちら

見積書の書き方と効率化のポイント

2017.06.16

売上を立てるために必要な見積書ですが、その記載のルールは業種や業態によってさまざまです。
一体、どこまで書けば、見積書に法的に有効になるのでしょうか?
今回は、見積書が法的に有効になる内容の書き方、法的に有効になる見積書を簡単につくる方法を紹介したいと思います。

⇒続きはこちら

出張のグリーン車は旅費交通費として経費化できる?

2017.06.16

創業して間もない社長が誤解することの多い経費に、旅費交通費があります。
自分や従業員が仕事関連で移動したタクシー代や、電車代などはすべて経費算入できると思っている人が多いようです。
しかし、「常識の範囲内」の制約があります。
今回は、旅費交通費についてご紹介いたします。

⇒続きはこちら

減価償却費の計算で注意したい3つのこと

2017.06.15

決算処理の手続きで、ちょっと面倒くさいのが減価償却費の固定資産台帳への登録です。
決算に整理をする前に、ここで減価償却について少しおさらいをしておきましょう。

⇒続きはこちら

決算を始める前に把握しておきたい5つのこと

2017.06.15

決算というと、面倒くさいとか難しいというイメージを抱く社長の方もいらっしゃると思います。しかし、会社経営において非常に重要な作業になります。
決算とは、ひと言でいえば、一会計期間における、企業の財産を整理し、内訳を明らかにすることです。
つまり、経営成績を明らかにし開示することです。業績を評価し、経営の見直しをすることが、決算の目的といっても過言ではありません。 実は決算の意味はもう一つあるのです。

⇒続きはこちら

クレジットカードが黒字倒産につながる?

2017.06.15

みなさまは「黒字倒産」という言葉をご存知でしょうか?
黒字なのに倒産するはずがないと思われる方もいるかもしれませんが、クレジットカードの扱い方に気をつけないとキャッシュフローが悪くなり、黒字でも倒産してしまうことがあるのです。事例とともにご紹介していきます。

⇒続きはこちら

節税のためにレシートや領収書を集めよう

2017.06.09

経費を使った節税の基本は、集めることです。
集めるものは、レシート、領収書、そしてメモ書きです。毎日、何かを購入した際には、必ずもらっておくように習慣づけます。サラリーマン時代は、領収書をもらう習慣はなかったかもしれませんが、経営者になればまずはどんなレシート、領収書でももらっておくようにしなければいけません。
領収書を集める作業、打ち込む作業を習慣づけよう
たとえば東京から恵比寿まで電車に乗ったとします。

⇒続きはこちら

知らないと恥ずかしい?領収書の書き方の6つのルールと基礎知識

2017.06.09

日頃、何気なく扱っている「領収書」ですが、いざ自分で作成することになると分からないことが多いものです。
例えば、以下のような事は作成したことが無い人は以外と知らないのではないでしょうか?
・金額の前に「¥」を金額の後に「ー」を書かなければいけない
・5万円以上の領収書には「印紙」が必要
・印紙の所に「割印」を押さなければならない
ビジネスを始めると、領収書を作成する場面は突然にやってきます。

⇒続きはこちら

忘れられてしまいがち?実は落とせる4種の経費

2017.06.08

これまでの記事で、さまざまな経費項目について、経費で落とせるもの、落とせないものをご紹介してきましたが、意外なところに盲点はあるものです。
落とせるのに忘れている、というものについて参考までにいくつか挙げておきます。
塵も積もれば山となる。経費の落とし忘れをなくすことで、もしかするとかなりの額を節税できるかもしれませんよ。

⇒続きはこちら

銀行に好かれる決算書の書き方を意識しよう

2017.06.08

起業したばかりの経営者は、銀行とどう付き合ったらいいかわからない人がほとんどだと思います。 それは、銀行があなたの会社のどこを見ているか、何を望んでいるかを知らないからです。
銀行がお金を貸す条件はシンプルです。
「増やして返してくれる企業」には、喜んで貸してくれます。
ではどのように、銀行に対してアピールしたらよろしいのでしょうか。
銀行が好む決算書のポイント
たとえば、女性が男性を見るとき、靴や鞄をみると言います。

⇒続きはこちら

決算時で確認したい繰延資産のポイント4つ

2017.06.07

起業をするための開業費や商品を開発するための開発費用。こうした支出の効果というのは、すぐに収入に結びつくわけではありません。
場合によっては1年以上かかってしまうケースも存在します。このような費用のことを繰延資産といいます。
ポイント1 20万円未満の繰延資産は全額その年の必要経費に含められる
繰延資産の処理の仕方は、減価償却の処理と基本的には同じです。繰延資産の効果が及んでいる期間で分けて償却をしていきます。減価償却の期間は繰延資産の種類によって分けられており、その年数で均等に償却していきます。

⇒続きはこちら

費用の決算整理で覚えておきたいこと3つ

2017.06.07

日々の経理作業の総まとめとも言われる決算。
何をやっていいのかわからないと考えている社長も多いはずです。
今回は費用の決算整理について、3つのポイントに絞りながら、ご紹介していきたいと思います。
決算は、本来継続している事業をある一定の期間に区切って集計するものになります。そのため、年をまたぐような取引をきちんと確認する必要があるのです。実際に具体的な事例を挙げて説明していきましょう。
当期に納品されていた商品があるとします。ところが、この商品代金は来期に支払うことになっていた場合です。
このケースでは当期の必要経費として費用を計上しなければいけません。

⇒続きはこちら

押さえておくべき請求書・領収書発行の2つのポイント

2017.06.06

経営者のみなさんは経理業務をやる必要はありませんが、だからと言って無関心でもいけません。お金の流れを把握するためには、請求書と領収書の使い方を知る必要があります。
今回は、請求書と領収書、それぞれで押さえておくべきポイントを2つご紹介します。請求書は月1回まとめて発行する自社の商品やサービスをお客様に販売すると、B to Cの小売業でないかぎり、請求書を発行しなければ、売上を受け取ることはできません。

⇒続きはこちら

棚卸作業の3つのポイント

2017.06.06

決算手続きで最大の難所と言っても過言ではないのが、棚卸作業です。
このような場合には、当期の仕入額のなかから、翌期以降に販売される商品を差し引いて集計する必要があります。このことから売上原価を計算するには、次のような計算式が成り立ちます。売上原価は、「期首在庫+当期仕入高−期末在庫」で計算することができます。
ところで、期末にある商品在庫や製品を製造するための原材料がどのくらいあるのかを確認して、金額に換算する作業を棚卸といいます。棚卸作業で計算した金額は、貸借対照表の資産なかで、棚卸資産として表示されます。

⇒続きはこちら

社員の給与と会社が負担する社会保険の関係

2017.06.06

起業をして社員を雇う際、人件費について考える必要があります。
その際に、社会保険がいくらかかるのか、把握しておかないと、思わぬところで大きな負担に頭を抱えてしまうことになるかもしれません。
今回は、社会保険について、ご紹介します。社会保険を踏まえた人件費を計算する経営者にとって、ときに税金よりも重いという負担を感じるのが、社会保険です。社会保険のことに悩み、株式会社での起業をあきらめ、個人事業で始める人もいるぐらいです。

⇒続きはこちら

領収書があるから何でも経費にできる、は大間違い

2017.06.02

何かにお金を使用するたびに、必ず領収書を出してもらうという社長、個人事業主の方が多いと思います。
おそらく「経費」にするためというのがほとんどだと思いますが、「経費」に対する誤解のひとつに「領収書主義」があります。
これから起業して経理に明るい経営者になっていきたいと思うのであれば、まず、この領収書主義を捨てるようにしましょう。
通勤手当は一定額まで非課税となっています。
そして、限度額を超える部分の金額が給与として課税されます。
旅費や出張費は実費で精算するのが原則ですが、合理的な旅費規程にのっとって支給しても構いません。

⇒続きはこちら

通勤手当、旅費交通費、出張費の処理で気をつけるべきポイント

2017.06.02

通勤手当、旅費交通費、出張費の処理で気をつけるべきポイント
社員の移動に関する費用は、業務上必要なこととはいえ、どう処理してよいか悩むところ。
今回は通勤手当をはじめ、旅費交通費、出張費などの処理で気をつけなければいけないポイントについてご紹介します。
通勤手当は一定額まで非課税となっています。
そして、限度額を超える部分の金額が給与として課税されます。
旅費や出張費は実費で精算するのが原則ですが、合理的な旅費規程にのっとって支給しても構いません。

⇒続きはこちら

経費で落ちるか、落ちないかを判断するための3つの基準

2017.06.01

事業をスタートすると、社長の誰もが気になるのが「どこまで経費として落としていいのか?」ということではないでしょうか?
飲食店での取引先の接待から、打ち合わせに行くための電車代やタクシー代、事務所や店舗の家賃や水道光熱費、社用車の車検費用まで。
日々、事業活動を行っていれば、経費はどこかで必ず発生するものです。
とはいえ、事業活動のために使ったものすべてを「経費」として処理できるだけではない、ということも、皆さんはどこかで耳にしたはずです。
では、「経費」として処理できる基準は一体何でしょうか? 誰もが知りたい、「経費」の基準を今回はご紹介したいと思います。

⇒続きはこちら

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

2017.06.01

「福利厚生費」と「飲食代」は全額経費となりますが、これまで「接待交際費」は一部または全部を経費にすることはできませんでした。
取引先などと飲食をしながらコミュニケーションを取り、自社製品やサービスなどのアピールをするという手法は、古くから行われています。
しかし
「お酒が入ったら会議費ではないのか?」
「会議を目的とした飲食代なのだけれど、会議室代金を入れて高額になってしまっても、会議費で大丈夫か?」
など悩みは尽きません。

⇒続きはこちら

税務調査の"初動"を乗り切るノウハウ

2017.05.17

税務署から突然連絡が来ても慌てずに落ち着いて顧問税理士を活用しよう!
秋は「税務調査の秋」でもあるのをご存知ですか? 実は秋は税務調査のハイシーズン。
税務調査を経験していない社長さんにとっては「どんなことを質問されるのか?」「会社の隅々まで調べられるのか?」「何百万円も取られるのか?」と、分からないことだらけで不安がいっぱいです。税務署からの連絡がいきなりやって来たら、どう対応すればいいのでしょう?

⇒続きはこちら

業務効率を上げる3つのステップ

2017.05.17

業務効率と一言でいっても、やり方はさまざまです。
無理なく会社全体で取り組めるように、3つのステップに分けた方法を紹介します。
8つ業務内容を時間計測業務の効率化を目指すには、まずムダがどこで生まれるのかを知る必要があります。効率化の第一歩として重要なのが、業務時間の把握です。
業務内容は8つに分けて考えましょう。得意先へ訪問するときに発生する「移動」、仕事のやり取りに必要不可欠な 「メールチェック」、会議資料や提案書などの「資料作成」、営業など社外の人との「面談」、社内の人と情報共有な

⇒続きはこちら

3秒で決まる!目に入るキャッチコピーは"ターゲット"を絞っている

2017.05.17

このコラムでは、すぐに実践できるマーケティングの具体的な方法をお届けします。今回は、ターゲットを絞ったキャッチコピーの書き方についてお伝えします。

⇒続きはこちら

クラウドのセキュリティは安全か?

2017.05.17

セキュリティは、クラウドコンピューティングを利用する上で、気になる点の1つです。 クラウドのセキュリティに不安を感じる人が多く見られるます。果たしてセキュリティに問題はあるのでしょうか? 今回は、クラウドのセキュリティについてお伝えします。

⇒続きはこちら

上手な読書の3Step

2017.05.17

本を読まないよりは、読んだほうがいいのは当たり前ですが、 みなさんは、これまでの読書をどれだけ生活や仕事に活かせているでしょうか。 実際に本を読むだけに終わらせず、得られた知識を活用していくための ノウハウをご紹介します。なぜ本を読むべきな のでしょうか。読書にはたくさんのメリットがあります。知らない知識を得られることはもちろん、自分では経験できないようなことや、人が何年もかかったことを数時間で追体験することができるのです。そして、それらは自分を成長させてくれるのです。

⇒続きはこちら

Crew 給与明細配信を使うと給与業務の負担が軽くなる!

2017.05.17

「給与・賞与の計算」「勤怠管理」「保険の控除」「給与支給」「月変算定」など、給与計算業務はやらなければならないことがたくさんあります。Crew給与計算は、この業務をこれまでより効率的に行うことができます。

⇒続きはこちら

知らずに使っているクラウドサービス

2017.05.17

クラウドサービスはもはや一般的になりつつあります。 これまでクラウドを使ったことがないという人の中にも実はクラウドだったという、生活に入り込んでいるサービスがあります。 毎日の生活に、 いつの間にか入り込んでいるクラウドに関する知識やトリビアをお送りします。

⇒続きはこちら

購買に影響する選択肢の数 選択肢は多い方がいい?少ない方がいい?

2017.05.17

このコラムでは、すぐに実践できるマーケティングの具体的な方法をお届けします。今回は、選択肢の数による購買率についてお伝えします。

⇒続きはこちら

知っておくべき人材採用のキホン

2017.05.17

会社にとって人の問題はとても重要です。人は会社の資産とも言えます。
ですから、人を採用するときは会社に合った人を雇いたいものです。どうすれば自社に適した人を雇えるのか、考えていきましょう。
近年、少子化の影響もあり、 企業の人手不足は深刻な問題となっています。下のふたつのグラフを見てもわかるように、大学生の就職内定率は、リーマン・ショック以前の水準を上周り、平成26年度からは1倍を超えています。
中小企業にとって採用はもともと難しいものでしたが、売り手市場の今、良い人材を雇うことはますます難しくなっています。 そこでここでは、採用活動を行うにあたって知ってくおくべき基本的な内容を押さえておきましょう。

⇒続きはこちら